5月22日土曜日。
私たちの第一回ゴザイショウは、無事大成功をおさめることができました。

天候にも恵まれ、沢山のお客様にご来場いただき、私たちスタッフ一同にとっても、
とても幸せな一日になりました。

すべてはご来場くださった皆様があってこそ!!本当にありがとうございました。

楽しんで頂けたでしょうか??

雨が降らなくてよかった!!それは僕が楽しんだからですね!へへへ。

それでは、当日の模様を少しだけ映像でご覧下さい!!



manu mobilesのじゅんじろうくんのgozaishow日記も感動的!!

http://manumobiles.com/days/mukkun/m_days_new.html

体感することが出来なかったみなさま。gozaishowは必ず、また来年やりますからその時こそ是非来て感じてください!!

そして、設営をお手伝いしてくれた沢山の方々、太陽の宴の方々、とても感謝しております!

僕たちは七月御在所に感謝して山登りをします。

みなさま、とても感謝しております!!また会える日まで面白いもの探しましょう!
一緒に体感しましょう!でわでわ。。。
[PR]
ご挨拶遅れまして、
オクケンユーといいます。

写真、現代美術、カフェコブのお手伝いなどやってます

ゴザイショウでは、写真を飾ります。

タイトルは「アルケミスト」。
世界のいろんな仕組みを写真を通じて読み解いていく、写真が生まれていく。
そんな写真たち飾ります。

鉄額は、中西製作所さんに協力していただきました。

最近つくったもの載せときます。
奧健祐+鈴木雄介というユニットで「糸の家」作りました。廃墟の森に繭のようなまるい空間。



ゴザイショウまであとわずかですね。

皆様のお越し心より。
ぶらり遊びに来てくださいっ。
[PR]
みなさん、こんにちは!
ManuMobilesです。

5/22「GOZAISHOW」まで、いよいよあと1週間となりました!

私たちのホームページでも、お知らせさせていただきました。
http://manumobiles.com/news.html

日記では、無っくんがカフェコブさんへの想いを書きました。
http://manumobiles.com/days/mukkun/m_days_new.html

それでは、みなさまと素敵な1日を一緒に過ごせることを楽しみにしています。
[PR]
f0226270_19584366.jpg


どぅも、こんばんは★

切り絵のえり作です
前回、名前を載せ忘れましたが、伊勢型紙の画像付きのを載せたのも私なので、2回目の登場です・笑


今回のはゴザイショウに関係無い、プレゼント用のコなんですが、練習も兼ねて切りました

このタツノオトシゴちゃんはメインの切り絵に出てきます(o^∀^o)

22日に来られる方、"ウォーリーを探せ"感覚で遊んでみて下さい★笑



せっかくなんで、チラシに書きにれなかった事をチョット…


切り絵を始めたのは2008年の秋なんですが、そもそも、12月の友達の誕生日に、何か作ってプレゼントしたいなぁ~て思ったのが切り絵スタートのきっかけです

何故か、照明をプレゼントしよぅ!!と決め、シェードを手作ろぅと妄想し、結果、切り絵を貼り付ける案に辿り着き、切り絵人生がスタートしました


そこからはチビチビ作っては友達に見せたり、プレゼントして満足~で、約半年後。

友達が是非私と行きたいと連れて行ってくれたのがカフェ コブ!!

そのコに見せるのに持っていた切り絵を、そのコのはからいでコブ夫妻に見て頂き、
「個展をやってみない?」
と言う突然の神の声に導かれて、、、今デス
o(>∀<)o笑


切り絵をやっていなかったら出会えていないご縁が、沢山ありますo(^-^)o


はぁ~
切り絵やってて良かったぁ◆◇笑



長くなりましたが、最後までお付き合い下さり、ありがとぅございました★


そろそろ切り絵にとっかかりま~す
ヽ(´∀`)


えり作でした
[PR]
あらためまして、はじめまして。
今回、ご縁があってゴザイショウに参加させていただくことになりました。

私たちは名古屋で「ManuMobilesマニュモビールズ」という名前でモビールの創作活動をしています。
コンセプトは、「日本発。紙と糸だけで作られた新しいタイプのモビール」

でも、私たちの活動はモビールの創作だけではありません。

私たちが愛するカフェコブさんとのなれそめについて、少し書かせていただきます。

カフェコブさんのお店の細部に宿るセンスとユニークさ、ごはんの美味しさはもちろんのこと
何よりも、私たちはオーナー夫妻のお人柄に惚れこみました。

ManuMobilesのホームページには「ひとのみ」というコーナーがあります。
「ひとのみ」は、ある一人の人物に焦点を当て、その人からおはなしを聞きます。

私たちの熱烈なラブコールが届き、
記念すべき「ひとのみ第一回」に登場していただいたのが、カフェコブさんのオーナー彰吾さんなのです。
http://manumobiles.com/hitonomi/hito_001/hito_001-01.html
(素晴らしいお話を聞かせていただきました。ぜひ、ご覧ください!)

「ひと」は「ひと」との出会いによって、変わっていきます。
逆に言えば、それ以外のことでは変わらないと言ってもいいでしょう。
私たちもカフェコブさんと出会えたことで、たくさんの素晴らしいつながりが生まれました。

「ひと」と「ひと」との出会いを促進したい。
「ひとのみ」はそんな想いから始まりました。

ゴザイショウも、そういう場所であると思います。
「ひと」と「ひと」が出会って、何かが生まれる。

私たちの大好きなカフェコブさんがある湯の山で、このような素晴らしいイベントに参加させていただけることがとても嬉しいです。

みなさんと、素敵な時間を一緒に過ごせたら、とても幸せです。




f0226270_22595263.jpg

[PR]